酸味の強いコーヒー

Comments: No Comments

起き抜けにコーヒーを胃に入れるなど、空腹の状況でコーヒーを飲むと胃へのストレスが大きすぎて、胃袋がもたれてしまう心配もあるとご存じでしたか?コーヒーを飲む場合は必ず胃袋に何か食物が入っている状態を作ってみましょう。しかし胃袋の中に何かが入っている状況でも、大量の飲料は避けてください。
多種多様な創意工夫がされているこの国の食文化と言えますが、中にはコーヒーのゼリーを抹茶系のアイスや白玉と一緒に食べるアレンジもかなり美味しいです。西洋と東洋の味が上手にあいまって、とても深い味になります。他にもコーヒーの味はあめにも上手に利用されています。
コーヒーの苦味の原因は豆を炒るときに化学的な反応が起こるせいなのだそうですが、その詳細についてはいまだにはっきりしていません。渋みの要素としてはカフェインが知られていますが、その他にもクロロゲン酸類というようなものがあるようです。コーヒーの苦味はタンニンなどの成分によるものとローストによって生まれる苦味が原因であるようです。

基本的にコーヒー豆は赤道の線上を挟んでいる北回帰線と南側の回帰線の間でしか栽培が不可能だと言われています。そのため産出国は主に熱帯の国になっています。アフリカ諸国や中南米諸国、東南アジアなど熱帯の地域で熱心にコーヒー豆が栽培されているのです。近ごろでは日本最南端の沖縄県でも栽培が行なわれています。
熱狂的な愛飲者が居るコーヒーです。中毒といえるほどのファンが存在する以上は逆に、かなりコーヒーが苦手という人も居ます。苦さや酸味が嫌な人も居ますし、そもそもコーヒーは肉体に良くないと信じている人も居ます。好き嫌いの大きく分かれる飲料だと考えられるかもしれません。
苦味の強いコーヒーが飲めないという人でもコーヒーにクリームを混ぜればおいしく味わえます。コーヒーに加えるミルクというものは液体でできたものだったりクリーマーみたいなものなどいろいろ売られていますが、健康のことを考慮して牛乳をあたためてコーヒーに入れて味わうのがおすすめです。

良くも悪くもコーヒーには中毒性があります。その結果一度コーヒーを好きになった人であれば、そのままコーヒーのとりこになってしまうケースが多いです。コーヒー飲料の中毒者になってしまうと、1日に10杯ほど飲むケースもあります。その状態まで飲み続けてしまうとさすがに体にも影響が出てくるので気を付けてください。
一般的に言われることですが、酸味のきついコーヒーとしてはキリマンジャロやコナ、グアテマラなどが代表的ですね。酸味の多いコーヒーを飲みたい場合は飲むときにシロップを加えるとコーヒーの酸味が引き立ちますので一度やってみたらいいですね。