コーヒーには多種多様なバリエーションが存在しています。産地ごとに識別するケースもありますし、豆の種類で識別する場合もあります。他には豆の挽き具合、コーヒー豆のいり方で識別する場合もあります。そのようないろいろな組み合わせを自分なりに選んで、自分にぴったりとあうコーヒーを発見してみましょう。
サウナに入ると飲みなくなるドリンクというとアイスコーヒーが思い浮かびます。さて、アイスコーヒーのことを大阪の言葉ではレーコーといわれます。なぜかといいますと、アイスコーヒーは冷えているので「冷コーヒー」、そこからレーコーに変わったようです。このところは大阪においても老人の人しか使わない死語になりつつあります。
毎日コーヒーを愛飲する人も居ます。ある意味で健康法です。飲みすぎない以上、コーヒーはちょうどよく人の中枢神経を高ぶらせてくれる作用があります。日課として飲み続けると身体にいいと考えられています。あくまでも生活者の知恵のレベルに過ぎませんが、習慣にしてみるといいと思います。

日本においても相当の頻度で飲まれている飲み物ということのできるホットコーヒーではありますが、風味よく感じられる温かさを調べてみると約60度から70度の間であるようです。コーヒーを入れる入れ物を温めた後にアツアツのコーヒー入れると温度があったかくキープされるのでじっくりといただくことができます。
岩波書店が出す辞書『広辞苑』をチェックする限り、コーヒーの説明は長大に記されております。豆をいってミルで粉状に砕いたものといった解説が冒頭に出ています。その砕かれた豆にお湯を注ぐだけで、その絞り汁が飲料になります。お湯を注ぐときには、粉が飲料に入らないようにフィルターでこしとる必要があります。
多種多様な産地で栽培されているコーヒーの木です。アフリカからスタートし、南米、中米の国、ハワイ、東南アジア、今では細々とですが日本の沖縄でも育てられているコーヒーです。お茶と一緒で世界中で愛されている飲み物だと考えられます。どこか海外旅行に行ったときには、間違いなく町角でコーヒーショップを目にするはずです。

もともとはアラブ一帯で広く親しまれてきたコーヒーです。そのコーヒー文化がオスマントルコ帝国の拡大と同時に欧州各国へ渡り、欧州各国で流行したと考えられています。しかし、そのコーヒーがアラブに住む人たちにいつのころから親しまれていたのか、正確な文献はありません。
安定剤などの添加物も含まれているので缶コーヒーは避けているという意見もけっこう存在します。そういえば缶コーヒーのテイストは喫茶店で飲むレギュラーコーヒーよりはどこかまずいような気がします。だからそうなのかもしれませんが、アメリカなど外国では日本に比べて缶コーヒーが流行っていないみたいです。

Leave a Reply

Required fields are marked*

*